So-net無料ブログ作成
検索選択

今日のお休みソング、「みつどもえ」から『これでいいのか』 [今日のアニソン]

今日のお休みソングは、「みつどもえ」から『これでいいのか』です。



さらに、もう一曲、キャラソンを。



ここの訪問者は「ネムネコが好きでしょうがない」隊だと、
ネムネコは確信しているにゃ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

プチ論理 [ひとこと言わねば]

プチ論理


puti-logic-tab-01.png「pならばq」、すなわち、「p⇒q」は

  

で定義される。
だから、p⇒qの真理値表は右のようになる。

記号の説明をすると、⇒は「ならば」、¬は「でない」、∧は「かつ」、∨は「または」をあらわす。
なお、右の真理値表の¬qは、qの否定で、「qでない」である。英単語の「not」と同じと考えていいにゃ。
ついでに、∧は英単語の「and」、∨は英単語の「or」だと思えばいいにゃ。

 

命題「p⇒q」とその対偶「¬q⇒¬p」の真理値が一致すること、つまり、「p⇒q」と「¬q⇒¬p」が同値であることは、

  

や次の真理値表から確かめられる。


puti-logic-tab-02.png

 

puti-logc-tab-03.pngまた、「p⇒q」の否定は

  

である。

 

たとえば、

『「x>2」ならば「x²>4」』という命題の否定は、

『「x>2」かつ「x²≦4」』という命題であって、

『「x≦2」ならば「x²≦4」』という命題ではないので注意が必要!!

日常つかう言葉と論理で使う言葉はは違うので、くれぐれも、注意して欲しい。

この他に、量化記号∀、∃というものがある。
全称記号∀は(for)Anyや(for )Allの意味で、「任意のホニャララ」に対して、「すべてのホニャララ」に対しての意味。
存在記号∃は、英単語のExist、つまり、「存在する」の意味。
だから、∀はAnyまたはAllの頭文字をとったものでそれをひっくり返したもの、∃は「存在する」のExistの頭文字Eをひっくり返したもの(180°回転させたものか)。
これらの記号は英語からきているのであった。




今日のアニソン、「みつどもえ」から『ありがたく思いなさいよねっ!!』 [今日のアニソン]

今日のアニソンは、「みつどもえ」から『ありがたく思いなさいよねっ!!』です。



この曲は、唯我独尊のネムネコの心理をよく表しているにゃ(^^)

さらに、丸井みつばのこの曲を。



さらに、唯我独尊のこの曲を。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

関数の連続の問題 [微分積分]

関数の連続の問題


問題1

   

とするとき、関数の連続性を調べよ。

【解】

renzoku-mondai-01.pnga∈Rとし、fが点aで連続であると仮定する。

aに収束する有理数の点列(数列)を考えると、

  

aに収束する無理数の点列を考えると

  

関数fは点aで連続なのだからaに収束するすべての点列に対して

  

にならなければならないので、

  

つまり、この関数が連続になりうる点はa=1/2のみである。

そこで、点1/2の近傍、つまり、|x−1/2δ>0)を考えると、xが有理数のとき

  

xが無理数のとき

  

いずれにせよ

  

したがって、δ→0のとき

  

となり連続になる。

fが点1/2で連続であることをε-δ論法で証明したいならば、

任意の正数ε>0に対してδ=εとすると

  

となるから、関数fx=1/2で連続である。

以上のことより、x=1/2で連続、それ以外では不連続。

(解答終)



問題2 RからRへの関数がいたるところで連続で、xが有理数のときつねにf(x)=0ならば、fは恒等的に0であることを証明せよ。

【証明】

fは恒等的に0でない、つまり、f(a)≠0である無理数aが存在すると仮定する。

f(a)≠0だから、f(a)>0またはf(a)<0

f(a)>0の場合、関数fx=aで連続だから任意の正数ε>0に対して

  

となる正数δ>0が存在する。

  

εは任意の正数だからε=f(a)/2とおくと

  

つまり、f(a)>0のとき、aの近傍ではf(x)>0である。

同様に、f(a)<0のとき、aの近傍ではf(x)<0である。


無理数aの近傍には有理数xが存在し、f(x)>0またはf(x)<0、つまり、f(x)≠0にならなければならないけれど、これはxが有理数であるとき常にf(x)=0であるということに矛盾する。

この矛盾はxが無理数のとき恒等的にf(x)=0でないと仮定したためである。
よって、xが無理数のときも恒等的にf(x)=0となり、証明された。

(証明終)



ちなみに、f(a)<0のときは、とし

  

の不等式の右辺を使って

  

とするとよい。

 


【別の証明(?)】

無理数xに収束する有理数の点列をとると、関数fは点xで連続だから

  

したがって、xが無理数のときもfは恒等的に0である。

よって、証明された。

(証明(?)終)

 


問題3 閉区間[a,b]で連続な関数f(x)のとる値がつねに有理数だけならば、f(x)[a,b]で定数関数であることを証明せよ。

【証明】

f(x)[a,b]で定数関数でないとする。

つまり、c∈[a,b]f(c)≠f(a)とする。

f(c)>f(a)とすると、問題の条件より、a≦x≦cで関数f(x)は連続だから、中間値の定理より

  

のすべてのβに対してβ=f(γ)となるγa<γ<cに存在する。

f(a)<β<f(c)を満たす無理数βを1つ取り出すと、β=f(γ)を満たすγa<γ<cに存在することになり、f(x)が常に有理数の値をとることと矛盾する。

この矛盾はf(x)[a,b]で定数関数でないと仮定したことに起因する。

よって、f(x)[a,b]で常に有理数の値だけをとるならば、f(x)[a,b]で定数関数である。

(証明終)